<手すりの高さは、法律で決められている>一戸建てでもマンションでも、バルコニーは落下事故を防止するデザインや構造であることが最低条件でしょう。特に小さい子どものいる家庭では気になるところ。子どもはもちろんですが、プランターなどの物やペットが落ちるのも、場合によっては重大事故につながります。建築基準法では、手すりの高さは一・一メートル以上と定められています。ただ。高さがあれば安全かというと、実際はそうではないのです。例えば、「桟と桟の問から小さな子どもが落ちてしまった」などはよくあるケース。https://redsolutionmusic.com/wall/balcony/
  


Posted by 高田 悟  at 16:32Comments(0)
炊事、洗濯と並ぶ家事の大御所が掃除です。 昔の人にいわせれば「掃除機をかける だけ」なのでしょうが、この作業、子育てママにとっては なかなかの重労働。 掃除機の コードを抜き差しするたびに腰をか がめなくてはならないのも苦痛です。 通常、 コンセントは ...https://laundry-room.xyz
  


Posted by 高田 悟  at 14:09Comments(0)
現在子育てされている方や、これから子育てされる方へ、暮らしにおける「子ども」にスポットを当てて、海沿いでの暮らし、自然の恩恵を受けて生活を楽しむメリットをご紹介致します。 【子どもの情操教育に最適?!】https://lackovictravel.com/isolated-island/resort-life
  


Posted by 高田 悟  at 15:36Comments(0)
Posted by 高田 悟  at 21:45Comments(0)
一九九三年の秋から新築分譲マンションや新築の戸建てがブームと呼ばれるほど好調な売れ行きを示している。バブル崩壊後、不動産業界は厳しい市況に直面していたが、様子が変化してきた。この原因を探すと不動産価格の下落もあるが、史上最低の金利政策のおかげであることがわかる。すなわち、「低金利融資付き住宅」が売れているにすぎないのでhttps://baptistrelations.org/policy/
  


Posted by 高田 悟  at 13:48Comments(0)
発電と温水利用をそれぞれ団体で認定。太陽光・熱を使った設備が普及する中で、施工に対するクレームが増加している。そのため、関連団体では太陽光発電システム、太陽熱利用温水器に関する施工資格を設けている。太陽熱利用機器の施工を担当する資格制度を設けたのはソーラーシステム振興協会で、資格名称は「ソーラー施工士認定登録制度」。2011年7月にスタートした。制度を設けたのは、消賞者や行政、関連業界から、機器の品質だけでなく施工品質の向上を求める声が高まってきたためだ。https://comedyresearchproject.com/solar-utilization/
  


Posted by 高田 悟  at 18:05Comments(0)

2018年11月13日

収納は科学的分類で

今の住まいを狭くしている最大の敵は「物」である。「物」さえなくせば今の住まいはぐーんと広くなるのだが、なぜかなくならない。あちこちに散らばる物をしまおうと、入れ物を買い込むと、今度はその入れ物で空間が占拠される。結局、物と物との格闘生活が繰り返され、狭苦しさからはなかなか逃れられない。この「物」の話になると、ほとんどの

収納は科学的分類で
  


Posted by 高田 悟  at 09:21Comments(0)
このような違いを念頭においても、総務省の「家計調査」によって日本の家計か持っているといわれる膨大な金融資産の実態が見えてきます。上の表は、同調査から作成した「世帯主の年齢階級別貯蓄など」です。世帯主年齢が六〇歳以上の世帯(以下、「高齢者世帯」)の平均貯蓄額は、六〇歳代(世帯主年齢、以下同じ)で二二〇二万円、七〇歳以上で二三六一万円と、全体平均(一六三八万円)よりかなり高めになっています。この結果、世帯数の割合では四四パーセントの高齢者世帯が、全世帯の貯蓄額の約六〇パーセントを持っていることになります。

お金持ちは、高齢の持ち家世帯
  


Posted by 高田 悟  at 13:07Comments(0)
基本的に賃貸住宅を借りるときには、連帯保証人といった保証人が必要です。 連帯保証人とは、借主がなんらかの理由で家賃を支払えない場合に代わりに払う人のことを指し、家賃を払えなくなった場合には証人に支払い義務が生じます。 しかし世に中には連帯保証人不要物件というものも存在するのです。

保証人を頼みにくいなら、保証人不要物件にすればいいじゃない
  


Posted by 高田 悟  at 15:03Comments(0)
<概要> 法人が固定資産を交換した場合には、時価をもって固定資産の譲渡と取得が行われたものとされますから、交換により取得した資産の時価を収益に計上し、交換により譲渡した資産の帳簿価額を損金に計上することになり、その結果生じた譲渡益が課税対象となります。ところで、同一種類の固定資産を交換して同一の用途に供した場合には、実https://arrsmeeting.org/fixed-asset/
  


Posted by 高田 悟  at 18:03Comments(0)