<概要> 法人が固定資産を交換した場合には、時価をもって固定資産の譲渡と取得が行われたものとされますから、交換により取得した資産の時価を収益に計上し、交換により譲渡した資産の帳簿価額を損金に計上することになり、その結果生じた譲渡益が課税対象となります。ところで、同一種類の固定資産を交換して同一の用途に供した場合には、実https://arrsmeeting.org/fixed-asset/



Posted by 高田 悟  at 18:03 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。